情報サイトHAPPYBLUESKY | すぐ知りたい!がわかりやすく!

スポンサードリンク
年末調整とは?年末調整で還付金がもどる場合などわかりやすく説明!

年末調整とは

年末調整とは、一言でいうと1年間の実際の収入を元に税金を再計算することです。サラリーマンの方は毎月のお給料とボーナスから税金(所得税)が引かれています。これはとりあえずの計算で税金を徴収しているということになるんです。

とりあえずこの年収かな?と言う概算で税金(所得税)が天引きされているのです。そして、税金は1月始まりの12月締めの1年単位で計算します。ですので12月の収入が確定する頃に年末調整が行われます。

スポンサードリンク



・実際に1年間に払われた税込の給料

・実際に引かれた社会保険料や生命保険の控除、配偶者・扶養家族の控除、

・住宅ローンがあればその控除など、(住宅ローン控除)

控除出来るものは全部控除してから、もう一度税金を計算し直します。これを年末調整と言います。

この作業は12月の給料が確定した時期の年末にならないとわからないので、年末に控除額を再計算するのです。

スポンサードリンク



 

年末調整 保険料控除 年末調整 還付金

それでは年末調整をしたら還付金が戻ってくることの方が多いのでしょうか?

サラリーマンは様々な控除が適応になります。

年度の途中で結婚したら配偶者控除も適応になるし、子供の年齢によって扶養控除も変わります。

元々毎月ちょっと多めに仮に税金を納めているので、年末調整をすると払いすぎた税金が戻ってくることが多いのです。

この年末調整は本来なら納税した個人が自分でやることなのですが、

サラリーマンの場合、還付金の手続きまで会社がやってくれます。

スポンサードリンク



 

年末調整 確定申告

一方年末調整と違い、確定申告というのは、

・サラリーマンでない自営業の人

・2ヶ所以上から給料をもらっている人  などが自分で再計算して提出することです。

会社勤めじゃない自営業の人や、お給料以外に他に収入のある人は、自分で手続き【確定申告】をするしかないですよね。

 

年末調整と住民税

年末調整では所得税を再計算しますが、住民税はどうなのでしょう?

住民税も所得税と同じく給料から引かれてますが、これは今の給料に対する税金ではありません。

前年度に年末調整や確定申告で申告された1年分の収入を元に計算されたもので、翌年の給料に反映されます。

そしてお給料から天引きされているのです。よって確定した住民税の金額が後払いになっているので、この金額は年末調整に適応されません。

 

年末調整 保険料控除申告書 用紙の書き方

会社勤めの方は、会社の労務関係の係りの人が年末調整の書類を作ってくれることがほとんどですが、

中には自分で書類を書かなければならないという人もいるでしょう。

こういう手続きの書類って難しそうだな~と思うかもしれませんが大丈夫です。

難しいのは生命保険料や社会保険料控除の欄くらいで、後は上の方に名前や住所などを書くだけです。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」にマイナンバーの「給与支払者に提供済みのマイナンバーと相違ありません」の場所にも印鑑を押すようになりましたので忘れないようにしてください。

生命保険料や社会保険料控除の欄の書き方などはこちらを参考にして下さい。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/kisairei_h29_05.pdf

詳しく記載例が載っていますので安心ですよ。

スポンサードリンク