情報サイトHAPPYBLUESKY | すぐ知りたい!がわかりやすく!

スポンサードリンク
医療費控除について

医療費控除とは、納税者本人または生計を同一にする家族の方が病気やけがで医療機関に支払った医療費が年間10万円以上の場合に確定申告をすると、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことです。

スポンサードリンク



よって、家族が病院にかかった際には、領収書を捨てずに残しておきましょうね。病院にかかったといっても、保険外の治療やワクチンには医療費控除は使えませんので、「何が対象になるか」、「いくら控除になって税金が 返ってくるか」など事前に調べておきましょう!

 

医療費控除 対象

対象となるもの・ならないもの・で悩まされるのが医療費控除ですね。。。

例えば「歯列矯正は対象になるの?予防接種は ?風邪薬は?」などよく問題になります。下記に医療費控除対象となるものとならないもの一覧をまとめておきました。この知識は医療費控除で税金の還付を受けるときに必要なので覚えておきましょう。


スポンサードリンク



 

 医療費控除 金額 計算

総所得が200万円以上の場合の計算式
1年間で払った医療費 − 保険金等で補填される金額 − 10万円 = 医療費控除額
総所得が200万円未満の場合の計算式
1年間で払った医療費 − 保険金等で補填される金額 − 総所得の5% = 医療費控除額
という決まりがありますが、いくら控除になっていくら税金が戻ってくるのかがよくわからないですよね。
そんな人にはこれです。

スポンサードリンク



WEB上には医療費控除金額が簡単に計算できるツールが数多く出回っています。もちろん無料ですので私も毎年利用しています。

http://www.hahoo.jp/KEISANKI/

 

医療費控除 年末調整

医療費が年間10万円を超えたら医療費控除を受けることができますが、年末調整では受けることができません。

医療費控除は確定申告を自分で行い、その時に申請してください。

 

医療費控除 明細書 様式 記入例

2017年(平成29年)分の確定申告から、医療費控除の明細書様式が新しくなると国税庁より公表されました。これは、一定範囲の市販薬を対象とした「セルフメディケーション税制」など医療費控除の改正があることに合わせて新しくなったものです。

新しくなったと言っても、難しく変更になったわけではありませんが、今までの明細書の様式と変わりますので、チェックだけでもしておいたほうがよさそうですね。

 

医療費控除 交通費

医療費控除では、バスやタクシーで病院に向かった際の交通費も計上して良いことになっています。

患者を一人 で通院させることが危険な場合には、患者の通院費のほかに付添人の交通費(通院の ために通常必要なものに限ります。)も医療費控除の対象となります。 たとえて言うと、子供の通院に母親が付き添う場合などですね。

子供やお年寄りなど患者の年齢や病状からみてもこれは交通費計上ありえます。しかし、入院している人のお世話をするために家族が通院している場合は、患者自身が通院し ていないことから、家族の交通費は、医療費控除の対象とはなりません。

shokonoaruie.com/iryohikojo-kotsuhi/  こちらに医療費控除の交通費について詳細が書かれています。

スポンサードリンク



 

 

医療費控除 領収書 コピー

医療費控除に使う病院などの領収書は、原則としてコピーは認められません。

 

直接、税務署の申告書作成会場に足を運んでその場で医療費領収書の原本の提示をしてくると、返却希望を申し出れば領収書を返してもらうことができます。

また、確定申告書を郵送した場合でも、一筆医療費領収書を返却希望であることを添えておくと、返送してもらえます。

その際は返信用切手・封筒を同封しておいてください。こうやって領収書を手元に残すことはできますから、コピーを提出するのではなく、いったんは原本を提出して、必要なら返してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク